評判を知ってからでもスクールIEと契約するのは遅くない

授業のわからないが解消

女の子

放課後の時間の有効活用

学校の授業では物足りない、学校の定期テストの対策が一人では不安、学校の授業についていけない、小中学生で、そんな声が多いのは、学校の授業が集団授業だからです。一人一人に対応しきれない授業体制のため、先生によってもクラスによっても習熟目標も宿題の量も異なります。それに対応できるのが個別指導です。個別指導塾でも家庭教師でも形式は同じで、生徒ごとに進度や内容量、レベルを調整しながら進めます。塾の場合はたまにマンツーマン(生徒1:先生1)、生徒2:先生1、生徒3:先生1と塾によって異なります。どれだけ個別指導の先生を独占できるかですが、生徒が問題を解いている時間もあるので2:1くらいでも十分指導してもらえます。まったく授業についていけないタイプならマンツーマンのほうがいいかもしれないです。そこそこ自分で解けて、時々わからないところを確認したり、解説してほしいときは3:1くらいの指導体制でも十分です。とにかく、生徒は力量に合った授業をしてもらえるので、わからない、早すぎる遅すぎるなどの無駄がないのが特徴です。ただし、どの塾や家庭教師でも同じことは言えますが、本人に全くやる気がある場合においてのみ、成果は現れます。個別指導であっても、先生から教えてもらったことを復習したり、類題の練習を自分で行わなければ定着の効率は悪くなります。ただ、勉強の仕方やノートの使い方など、学校では習わない根本的な勉強法も教えてもらえれば、ぐんと成果が出る場合が多いです。